エアスピネル新馬戦快勝!ダイワスカーレット級の逸材?

空胎明け牡馬産駒で大物の予感ーエアスピネル(牡)で取り上げたエアスピネルが12日(土)阪神の新馬戦(芝1600m)を快勝しました!

スポンサーリンク

テンよし、中よし、終いよし

スタートよく飛び出し、楽な手応えで道中3番手追走。直線入り口では2番人気のハリケーンバローズが並びにかかってくるところ、鞍上武豊騎手が軽く気合を入れるとしっかり伸びて最後は抑える余裕。かなり強い印象を与えるレースで初戦を突破しました。

そこそこ流れたマイル戦で楽に先手を取れるスタートセンスとスピードがあり、(パドックでは馬っ気を出していましたが)道中はムキになることもなくきっちり折り合い、後続を十分引きつけたうえで追ってからはラスト3ハロン33.9秒の脚。気は早いですがダイワスカーレットのようなテンよし、中よし、終いよしの印象で、かなり期待が持てるんじゃないでしょうか?

初戦はマイル戦でしたが、距離はもう少し伸ばしても十分に対応できそう。血統的にも2000メートル前後が最も力を発揮できるんじゃないでしょうか。クラシックに向けて楽しみな馬が現れました。

武豊騎手のコメント

幼いけれど、レースに行ってセンスがある。いい走りをする。ラストはすごくいいフォームだった。奥がありそう。

レース映像はこちら

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*