スマートオーディン新馬戦快勝!今後の展望は?

期待の新馬記事「スマートオーディン|ダノンシャンティ譲りの末脚で春変則2冠への挑戦権を得られるか?!」で取り上げたスマートオーディンが9月20日(日)の阪神芝1800m新馬戦でデビューしました。ゴールドアリュールの弟レヴィンインパクトをあっという間に突き放す圧巻のパフォーマンス。その脚が本物なのか、検証してみました。

スポンサーリンク

中身も優秀、騎手も太鼓判

8頭立てとなったレース。スタートはそれほど良くなく、ゆったりと馬なりで集団の後ろの方につけたスマートオーディン。前半は後方3番手で運び、1000m通過が1分04秒5という超スローペース。3コーナーから少しずつ差を詰めていくと、4コーナーから直線を向くところで馬なりで先頭を伺いました。そこから直後にいたレヴィンインパクトが凄い脚で並びかけてきて一気に突き放されるかと思いきや、それを待っていたかのように鞍上のM・デムーロ騎手が追い出すとあっという間にまた突き放し、最後は2馬身半差をつけて先頭でゴールを駆け抜けました。

スローペースで流れたため1800mの走破タイムは1分51秒1と平凡ですが、レースの上がりは11.5秒→11.1秒→11.1秒。特にラスト1ハロン11.1秒は坂のある阪神では特筆すべき数字で、今開催の阪神芝(9月20日時点)では古馬も含めて最速。超スローで流れたとはいえ並大抵の馬で突き抜けられる数字ではありません。

2着のレヴィンインパクトも長く脚を使って33.4秒の末脚を発揮。もしスマートオーディンがいなければこの馬も「大物出現か?!」と言われておかしくないパフォーマンスをしていて、それを寄せ付けなかったスマートオーディンの強さが際立ちました。

1800mをデビュー戦に選び、鞍上は「距離が伸びても大丈夫」と言っていることからクラシックでもかなり楽しめる逸材であることは間違いないと思います。松田国英厩舎のことなので、順調に勝ち上がっていけば変則2冠を狙ってくるでしょう。

とにかく無事に実り多き春を迎えることを願ってやみません。

M・デムーロ騎手のコメント

追い切りがよかった馬です。悪い馬場であの時計でしたから。しかし、1800mでは引っかかる不安がありました。でも今日はすごくリラックスしていました。真面目な馬で、瞬発力もスタミナもあり、距離が延びても大丈夫です。これから楽しみです。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*