シャドウアプローチが連勝でききょうS制覇!今後の可能性は?

9月26日(土)阪神芝1400mで行われた2歳オープン戦、ききょうステークスはシャドウアプローチがエスティタートとタンギモウジアを接戦の末競り落とし、未勝利戦から連勝を飾りました。血統などから今後の可能性を探ってみます。

スポンサーリンク

重馬場のNHKマイルカップで狙いたい

1番人気に推されたヒルトンヘッドがスタート直前に除外。9頭でのレースとなりました。スタートは普通に出たシャドウアプローチでしたが、タンギモウジアなどスピードの勝つ馬が前へ行き、中団につけました。3コーナーでは若さを見せ、鞍上のルメール騎手が手綱を引っ張って少し頭をあげるシーンがありました。4コーナーに入るあたりから徐々に前との差を詰めていくと、直線の半ばで逃げ粘るタンギモウジアをとらえ、外から追い込んできたエスティタートをアタマ差封じて一着となりました。

父ジャングルポケットの産駒らしく3~4コーナー中間あたりから長く足を使っていて、やや時計のかかる今の阪神コースも合っていた感じ。母マルカアイチャンは短距離で活躍した馬でしたが、全兄のシルバーウエイブは芝2200mの水仙賞を勝っているように距離延長には対応できそう。この馬の場合は気性も前向きでマイルあたりがベストではないでしょうか。従弟にNHKマイルカップ3着のミュゼスルタン(父キングカメハメハ)がいるというのも心強く、ジャングルポケットを父に持つシャドウアプローチなら東京コースで見てみたい思うのは自然でしょう。

ただ、時計勝負には限界がありそうなタイプ。時計のかかるレースになれば今後も活躍してくると思います。まさに、重馬場のNHKマイルカップで狙ってみたい馬です。

ルメール騎手のコメント

スタートが速くなく、後ろの位置になりました。道中はリラックスして走っていました。ペースがこの馬には合わない感じでしたが、4コーナーから長く脚を使いました。物見をしながらも最後までよく頑張ってくれました。今日の距離でもベストのレースをしましたが、1600mに延びても問題ないでしょう。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*