プロディガルサン芙蓉ステークス制覇!蛯名騎手「まだ隠しているものがある」

9月27日(日)中山芝2000mで行われた2歳オープン戦の芙蓉ステークス。6月に行われた新馬戦に続き連勝を飾ったのはプロディガルサンでした。今後はクラシック戦線に進み、東京スポーツ杯2歳Sを視野に入れるとのこと。その可能性に迫ってみます。

スポンサーリンク

幼い走りも測ったような差し切り

蛯名騎手を鞍上に、出遅れまではいかないまでもゆったりとしたスタートを切ったプロディガルサン。岩田騎手鞍上の1番人気プランスシャルマンの真後ろ、中団につけてレースを進めました。逃げたストロングタイタンのペースは1000m通過60.9秒。時計のかかる今の中山では平均ペースですが、展開は縦長。4コーナーに入って前のプランスシャルマンがスパートすると連れてプロディガルサンにもゴーサイン。直線半ばで先に抜けだしたプランスシャルマンを追いかけ、少しフラフラする仕草も見せながらもゴール直前できっちり差し切りました。

プロディガルサンの全兄はリアルスティール。今年の春のクラシックで活躍したもののドゥラメンテには歯が立たず悔しい思いをしましたが、同日阪神の神戸新聞杯でも2着に入りこれからG1戦線での活躍が期待されています。プロディガルサンも当然のことながら期待されていますが、新馬戦は勝ったものの幼さが目立ち、相手関係や記録からも今回が一つの試金石でした。

今回も遊びながら走っていましたがそれでも連勝。2着プランスシャルマンはこれまで戦ってきた相手からも弱い馬ではなく、その相手を軽く差し切ったあたりはかなり能力は高そうです。

今後は当然クラシックを目指して進んでいくことになるプロディガルサン。次走は順調なら東京スポーツ杯2歳Sを視野に入れるとのこと。阪神での朝日杯は使わない方針で、春のクラシック、特にダービーを狙うなら関東馬のこの馬がわざわざ遠征する必要はないというのも当然でしょうか。良化の余地はまだまだありそうで、ダービーに向けてどのように成長していくことができるか、注目です。

蛯名正義騎手のコメント

まだ子どもっぽいけど、それで勝つあたり、かなりの素質がある。まだ隠しているものがあるよ。

国枝栄調教師のコメント

よかったです。これからもっとレースを覚えていってくれるといいですね。今後は東京スポーツ杯2歳Sを使うかどうか、考えます。朝日杯FSには行きません。来年のクラシックを視野に入れていきます。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*