バティスティーニ新馬戦圧勝!今後の路線は?!

10月12日(月)京都芝2000mの新馬戦で快勝したバティスティーニ。当たり年?の松田国英厩舎からまた一頭、クラシックの有力馬が誕生しました。デビュー戦のレースぶりと今後の展望について考えてみましょう!

スポンサーリンク

余裕のデビュー勝ち

スタンド前のスタート地点、ゲートは上手に出てスッと3番手、好位につけてレースを進めました。向こう正面に出たところで我慢できないような感じで上がっていき、3コーナーでは先頭に並びかける勢い。やや掛かったようにも見えましたが馬の行く気に逆らわないルメール騎手らしい騎乗で、先頭に立って直線に向きました。直線では後方につけていたアイファープリティが一気の脚で詰めてきて道中掛かった分だけ差されるかと思いましたが、ルメール騎手が軽く追うと一瞬で加速。ラスト1ハロンは10.8秒の豪脚を繰り出してムチを使うことなく勝利しました。

472キロの馬体は見た目にも腹回りがまだゴロっとしていて、まだまだ仕上がっていない印象。その中でも余力を持って勝ち切ったあたり、かなりの素質を感じさせます。

成長力も期待大、次走が楽しみ

全兄に現オープンで活躍するデウスウルトがいることからも、成長力は十分に期待できます。新馬勝ちの内容からも現時点での評価もかなり上位。僚馬のスマートオーディン、ロライマに並ぶ第三の矢として、順調ならクラシックに乗ってくるでしょう。それにしても今年の松田国英厩舎は強いデビュー戦を飾る馬が多く、全盛期の勢いを取り戻しつつあります。各馬の2戦目に大注目です。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*