マカヒキ新馬戦圧勝!超大物候補の今後は?

10月18日(日)京都芝1800mでデビュー勝ちしたマカヒキ。直線で余裕を抜け出す姿は圧巻で、誰もが超大物の誕生を予感するものでした。このデビュー戦のレースぶりを分析。今後の展望を考えてみましょう。

スポンサーリンク

文句なしの超A級

レース前の調教から迫力ある走りが注目されていましたが、506kgの馬体はやはりまだ少し余裕がある作り。しかしパドックからどっしりとした落ち着きを見せており、精神的な完成度の高さを見せていました。

レースのスタートは上手でしたがムキになることなく中団からの追走。行く馬には行かせて、単独5番手の位置でレースを進めました。短距離で活躍するウリウリの全弟ということで折り合い面がやや不安視されていましたがまったく掛かるような面は見せず、むしろ向こう正面から3コーナーに入るあたりではM・デムーロ騎手が少し気合をつけながらポジションを取りに行く仕草を見せていました。

3~4コーナーでは外目に進路を取りながら徐々に前に接近。直線に向くと楽な手応えで前をとらえにかかると、騎手がほとんど追うところなく先頭。後方につけていた2番人気エンヴァールもよく伸びてきたものの差は詰まらず、残り50メートルではすでにデムーロ騎手は手綱をゆるめ、馬のクビを撫でる仕草を見せるほどの余裕で勝利を飾りました。

1分47秒7の勝ち時計は新馬戦の記録としては最上級で、今週の京都はかなりの高速馬場とはいえ上々の記録。ほとんど追っていないことから考えてもまだまだ時計は詰められそうです。自身の上がり33.5も2着エンヴァールと同記録とはいえ、馬なりで出したものだけに現時点ではマカヒキの方が2枚も3枚も力が上と言って間違いないでしょう。

馬体も伸びがあるので短距離馬という感じではなく、2000m程度までは十分に対応できそう。この内容であればダービーの2400mまでは視野に入れられると思います。

気になるのは競走中に鼻出血を発症したという発表があった点。外傷性であれば心配することはないですが、内因性の鼻出血であれば再発する可能性もあり、競走能力に影響してくるかもしれません。しっかりと原因の究明、再発の予防に努めて、無事に華々しい競走生活を送ってもらいたいものです。

M・デムーロ騎手のコメント

すごく強い。

友道康夫調教師のコメント

まだまだ余裕ある体でしたが、調教の動き通りの言うことのないレースでした。競馬場に着いてからも落ち着いていましたし、2歳馬ばなれしています。時計も優秀で、大きなレースを狙える器だと思っています。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*