誰でもできる、負けない買い目を作る3ステップ

私は予想にはあまり言及しません。だって予想は自由にやるのが一番楽しいですから。というか人からああだこうだ言われても、結局は自分が思った馬を買うことになるわけです。ですから私が予想を披露する時は単純に自己満足でしかなく、「これが来るから買っておけよ!」という類のものではないと思ってくださいね(笑)

さて、ここで重要視するのは予想そのものではなく、馬券の買い目の作り方です。「馬券が下手」という言葉があるように、予想が的を得ていても買い目の作り方が下手だったばかりに外れた経験はたくさんの人がしていると思います。はっきり言って馬券下手はもったいない。そういう経験が多い人は買い目の作り方をマスターすればすぐにでも収支プラスへ持っていけます。

楽しい競馬ライフへの第一歩として、まずは負けない買い目を作る3ステップをご紹介します。

1.軸馬ではなく、勝ち馬をイメージできるレースを狙う

言い換えれば、頭から買いたい馬がいるレースを狙いましょう。そういう馬をイメージできる時は感性が強く働いています。軸にしたい馬が何頭かいて、絞り切れない・・・こんなレースは迷いが生じているので、当たるかどうかはもはや運のみ。負けない馬券とは無縁ですが、競馬を楽しむために買うならアリかと思います。しかし外れることが前提となりますので、稼ぐ馬券とは切り離して考えましょう。

2.一頭を選んで、単勝、馬単、馬連を買う

頭から買いたい馬がいる場合、多くの人が単勝や馬単を買うと思います。当たった時の爆発力をできるだけ大きく保つことはモチベーションや感性を磨くのにとても重要ですが、押さえ馬券も買っておくことをおすすめします。押さえ馬券を買う時に、券種を変えて買うのではなくヒモを手広くいく人が多いですが、そうではありません。

最も重要なのは、勝つと思った馬が勝つか、負けるかです。

勝った時は最高の爽快感を得られて、負けた時でもある程度手元にお金が戻ってくる買い方をしましょう。そのためには買う馬は同じにして、券種を変えます。

私の場合はここで馬連を買います。馬単をオモテウラでは買いません。というのも、馬単のウラだと本命馬が一着になった時にその馬券が的中とならないからです。あくまで本命馬が一着になった場合はすべて的中になる。この「すべて」というのが重要です。勝つと思った馬が勝ったのですから、もう最高に「ウッハー!おれ天才!」となりたいじゃないですか(笑)でもそれだけじゃ負ける確率が高いので、2着になった場合でもちょっとは儲かるように馬券を組み立てます。

【例】2015年宝塚記念

私の予想

◎06.デニムアンドルビー

◯13.ラキシス

▲15.ゴールドシップ

△03.ネオブラックダイヤ

△05.カレンミロティック

△16.ラブリーデイ

買い目

《単勝》06ー1000円

《馬単》06一着流し 03,05,13,15,16ー各300円

《馬連》06ー流し 03,05,13,15,16ー各200円

計3,500円

結果は16ラブリーデイが優勝し、本命のデニムアンドルビーは惜しくも2着。的中馬券は馬連のみですが、129倍ついたので25,800円の払戻し。22,300円のプラスとなりました。

馬連じゃなく馬単のウラだったら38,500円の払い戻しとなっていましたが、勝つと思った馬が2着だった割には十分な払い戻しと考えることが重要です。

それよりももし、これでデニムアンドルビーが勝っていた場合はどうなったかを考えてみましょう。

単勝 06 31.3倍 ×1000円 = 31,300円

馬単 06→16 296.4倍 ×300円 = 88,920

馬連 06ー16 129.0倍 ×200円 = 25,800円

146,020円の払い戻しですが、すべての馬券が的中しているというのがポイントです!これ、超自慢できますよ(笑)そういうのが競馬を楽しむってことだと思います。

敢えて今回は本命馬が2着だった時の例を出しましたが、1着になった時にモチベーションを最高潮まで持っていくこと。そうやって「負ける気がしない」ようになれば不思議なことに本当に負けにくくなります。

(ここでなぜデニムアンドルビーを本命にしたかを知りたい人もいるのかな?予想スタンス自体を書くと押し付けがましくなるのであまり書かない方が良いかなと思っているんですが、すぐネタに困りそうなんでその時に書きます。)

3.三連単は買わない

三連単は本気で当てに行くと、かなり手広く行く必要があります。三連単60点買いとかして当たって、「自分の予想が当たった!」って本気で思えるならその人は幸せだと思いますが、、、そもそもかなり資金が必要になります。十万馬券以上は狙って取れるものではありません。せいぜい狙って取れるのは数十倍~二百倍ぐらいまでじゃないかなと思います。馬券は狙って取りましょう、その方が何倍も楽しいですし、健全です。

とまあ、馬券術というより心理学みたいになりましたが、負けない買い目を作るというのは心理学だと思います。

いかにモチベーションをあげるか=感性を研ぎ澄ますことができるか。

その中でいかに冷静に当たりを掴んでいくかが重要なポイントです。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*