神戸新聞杯、オールカマーの結果

回収率を公開するのが恐怖になってきました(笑)ききょうステークスはまさかのヒルトンヘッド回避。神戸新聞杯はもう少しでしたので、少しずつ近づいてきています。得意のG1シリーズが近づいてきているので、これはいい兆候。来週はスピリンターズSなので、秋一発目のG1で的中といきたいところです。

スポンサーリンク

9月26日、27日の結果

日付 場名 レース(予想記事へリンクしてます) 購入金額 払い戻し 回収率
2015/9/26 阪神 ききょうステークス(2歳OP) 0円※返還レースのためカウントせず 0円 0%
2015/9/27 中山 オールカマー(G2) 3,000円 0円 0%
2015/9/27 阪神 神戸新聞杯(G2) 3,500円 0円 0%

ききょうステークス

本命に推したヒルトンヘッドがまさかの直前で除外。レースは2番人気のシャドウアプローチがエスティタート、タンギモウジアとの接戦を制して優勝しました。穴に推したタンギモウジアが接戦の着に来たので、返還レースとしては満足。ヒルトンヘッドが出ていたらなんて議論をしても意味がないのでやめておきます。

シャドウアプローチはもちろん立派ですが、追い詰めたエスティタートもタンギモウジアも実力的にはほぼ互角か。そんな印象でした。

神戸新聞杯

本命に推したトーセンバジルは3着。スローペースの中、直線ではスペースが空くまでワンテンポ待つ場面もありながらよく追い上げました。対抗にしたリアルスティール以外のディープインパクト産駒を軽視する予想はほぼ合ってましたが、リアファルのルメール騎手にしてやられました。(そういえば先週のセントライト記念も逃げ先行馬にしてやられました。)

リアファルは展開もそうですが強い内容で、これで芝2戦2勝。菊花賞でもおもしろい馬になりました。リアルスティールは骨折休み明けでさすがの地力を見せました。距離不安を言われていますが、この内容であれば菊花賞でも十分勝ち負けに持ち込めると思います。

トーセンバジルもしっかり権利を獲得。直線の足は本番でも、、、と思わせるものでしたが、個人的には京都より阪神か?と思っているので本番では悩むことになりそうです。

オールカマー

本命に推したレッドレイヴンは14着惨敗。スタートでも出遅れ、直線に向くところでも走る気が感じられませんでした。さすがにここまで走らないのはよくわかりません。精神的な立て直しが必要なのかもしれません。

勝ったショウナンパンドラは残り1ハロンで見せた末脚が強烈でかなり強い競馬。池添騎手というと同じ牝馬のスイープトウショウを思い出すような迫力でした。馬体重は秋華賞制覇時と同じ440kgで、休み明けにも関わらずキッチリした仕上げ。今回の競馬をすれば天皇賞(秋)でもかなり有力ですが、あれだけの脚を使うと牝馬だけに反動も心配されます。しっかり調整をして今後のG1に臨んでほしいと思います。

今週までの合計(9月5日〜9月27日)

購入金額 29,000円
払戻金額 0円
回収率 0%
スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*