ゴールドレイ|最強の1勝馬シックスセンスの甥っ子はアグネスデジタル2世か?

血統 父:ゴールドアリュール 母:インコグニート(母父:Gone West)
注目路線 中距離〜クラシック

祖母デインスカヤから生まれたシックスセンスはディープインパクトと同世代。皐月賞以降、ことごとくディープインパクトに敗れた彼につけられたアダ名は「最強の1勝馬」。それから10年の歳月を経て、ダート王ゴールドアリュールの血を受け継いだシックスセンスの甥っ子、ゴールドレイが9月19日(土)の中山芝1800mでデビューを迎えます。果たしてゴールドレイは、ダート王から産まれた芝の王者となることはできるのでしょうか?

スポンサーリンク

芝で生きる可能性十分

父ゴールドアリュールは交流含めてダートG1を4勝したダート王。しかしダービーでも差のない5着と健闘しており、芝でも能力の高い馬でした。その全弟のニルヴァーナは芝で6勝、ネオユニヴァース産駒の半弟ゴールスキーはダートG3根岸ステークス勝ちと、万能血統であることは疑いの余地がありません。

母方に目を移すと、母インコグニートは芝で3勝。その弟には皐月賞・香港ヴァーズで2着、ダービー3着で「最強の1勝馬」と言われたシックスセンス(最終的には京都記念も勝って2勝)がいて、芝で活躍できる血統。母父Gone Westは父としてもBMSとしても、日本では芝、ダート偏りなく産駒を送り出しており万能血統。

父の実績から常識的にはダートで力を発揮すると考えられますが、芝でも活躍できる可能性は十分にあると言えます。むしろアグネスデジタルのように芝・ダート問わず活躍することを狙ったかのような配合。そんな中デビュー戦は中山芝1800m。前週の傾向では比較的柔らかい印象のある芝状態も好材料で、初戦から期待したいところです。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*