ロライマ|僚馬スマートオーディンに続いて初戦突破なるか?

血統 父:キングカメハメハ 母:ミルフィオリ(母父:サンデーサイレンス)
注目路線 クラシック

9月27日(日)阪神の芝2000mでデビュー予定のロライマ。日本でその枝を大きく広げる母系から産まれたキングカメハメハ産駒は先週衝撃のデビューを飾ったスマートオーディンの調教パートナー。松国師が期待を寄せるこの若駒の可能性に迫ってみます。

スポンサーリンク

キンカメ×サンデーのクラシック王道配合

ご存知の通り父キングカメハメハは非SS系種牡馬の筆頭格ですが、代表的な産駒となるドゥラメンテ、トゥザワールド、ローズキングダムなど、サンデーサイレンスを母父に持つ産駒が大活躍。ロライマも母父はサンデーサイレンスと成功している配合で、期待が持てます。

母ミルフィオリは中央で4勝、フローラステークスで2番人気に推されるほど将来を有望視された馬でした。その兄姉も活躍しており、種牡馬として活躍したフジキセキを筆頭に、マーメイドステークスを制したシャイニンレーサー(桜花賞3着シャイニンルビーの母)、オールカマーと新潟記念で2着したアグネススペシャルなど、どの馬もサンデーサイレンスを父に持つことでその能力を開花させ、相性の良さを証明。近親には中央で複数勝利をあげている馬が多数おり、母系は日本で大きく広がっています。

クラシックを睨む芝2000mでデビュー

母と同じ松田国英厩舎に預けられ、調教ではスマートオーディンのパートナーとして鍛えられているロライマ。そのスマートオーディンの父父がフジキセキで本場の伯父にあたるなど、縁を感じさせます。調教ではスマートオーディンが非常に動くため少し陰に隠れがちですが、この馬も十分に素質を感じさせる走り。新馬戦なら楽に突破しそうな雰囲気もあります。

デビュー戦に予定されている阪神芝2000mには先週取り上げたエルリストンも出走予定で、少頭数ながら楽しみに一戦となりそうです。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*