アグレアーブル|期待の良血牝馬がついに出陣!その適性は?

10月17日(土)東京の芝1800m新馬戦でデビュー予定のアグレアーブル(牝、父マンハッタンカフェ)。アメリカ最優秀3歳牡馬を近親に持つ良血馬は牝馬らしからぬ雄大な馬体。注目のデビュー戦を飾ることはできるでしょうか?その可能性を探ってみます。

スポンサーリンク

クラシックで期待も本質はダート?

母系は祖祖母Cara Rafaelaからアメリカ最優秀3歳牡馬に輝いたBernaldiniが出ており、母プリティカリーナはそこからStorm Cat、Seeking the Goldと北米を代表し、パワーとスピードに長けた種牡馬が重ねられてきた超良血になります。

父マンハッタンカフェはおなじみですが、ルージュバック、レッドディザイアなど牝馬の活躍馬を輩出しており、毎年クラシックに有力馬を送り込んできます。距離や適正の守備範囲は広く、NHKマイルカップを勝利したジョーカプチーノから春の天皇賞を勝利したヒルノダムール、フェブラリーステークスを制したグレープブランデーなど、母方の良さをうまく引き出す種牡馬と言えそうです。

そういったことからアグレアーブルも北米のパワー、スピードを強く引き継いでいる可能性が高く、2歳の時点では芝で活躍したとしても、将来的にはダートで活躍する可能性を大いに感じます。これは、前出の近親Bernaldiniの産駒が日本のダートで活躍していること、本馬の牝馬離れした雄大な馬体からも想像できることです。

評判馬の揃う新馬戦。勝てば視界が広がる

調整過程は順調で、美浦のウッドコース、坂路を併用してしっかりと追われています。時計はウッドで出していますが、7日にはヒュウマとあわせていい動きを見せているという情報も入っており、初戦から期待できそうです。デビュー予定の新馬戦には藤沢厩舎のキングオブアームズ、堀厩舎のスウィフトレイドといった注目の牡馬も予定されており、ここで勝つようなら大きく視界が広がります。

ちなみにディープインパクト産駒の兄アンタラジーはまだ1勝馬ですがキャリアも浅く、これからの活躍が期待されています。アグレアーブルの新馬戦と同日の8Rに出走予定ですので、兄妹そろっての勝利にも期待してみたいところです。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*