セントライト記念2015(G2)|買い目公開

2015年9月21日(月)中山11レース セントライト記念(G2)

08 レッドライジェル
12 ブライトエンブレム
05 ロッカフェスタ
01 ウイングチップ
03 ベルーフ
06 サトノラーゼン
13 キタサンブラック

3着まで菊花賞の優先出走権がもらえるトライアルレース。昨年はイスラボニータが優勝。3歳限定ながら菊花賞ではなく天皇賞(秋)を目指す馬も参戦することがあり、各馬の適性がどこにあるのかを見極めるのが重要なポイントとなります。

スポンサーリンク

同じコースで勝ってる馬は安心して買える

本命はレッドライジェル。春には同コース、同距離の山吹賞を快勝。着差はクビでしたが2着に退けたグレーターロンドンは当時単勝1.8倍の評価を受けたほどの馬(その後休養中)。3着には3馬身差をつけていて、その3着エニグマバリエートはその後古馬混合の500万特別を勝っているのでレースレベルは低くなく、十分評価に値するレースです。

前走は休み明けで7着に敗れていますが、良馬場で勝ちタイムが2分02秒2もかかる特殊な馬場であまり参考になりません。中山コースで2勝をあげているのが強みで、この条件はベスト。変わり身に期待します。

対抗ブライトエンブレムはいかにも今の中山にマッチしたレースぶりが魅力。ダービーは不出走ですが春の戦績は世代トップクラスを証明していて、ここも好勝負でしょう。

三番手には2戦2勝のロッカフェスタ。速い流れを経験していないのが心配ですが瞬発力はかなりのもの。前々で折り合いよく運べるのも魅力で、重賞の流れに戸惑わなければ上位争いできるはずです。

以下、ウイングチップ、ベルーフ、サトノラーゼン、キタサンブラックを押さえ。それほど速いペースになるとは思えないメンバー構成で、ウイングチップは枠を活かして前々で運べればチャンスあり。母ウイングレットも中山が得意な馬でした。ベルーフとサトノラーゼンの池江厩舎2騎は実績から外せません。キタサンブラック、距離が不安視されていますが東京2000mでサトノラーゼンを完封した実績があります。中山なら2200mでも十分対応可能と見ていいはずですが、パドックに注目です。

【買い目】

単勝08 ・・・ 500円

馬単08から一着流し 01,03,05,06,12,13 ・・・ 各300円

馬連08から流し 01,03,05,06,12,13 ・・・ 各200円

《合計》3500円

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*