ききょうステークス2015買い目公開|スピードとパワーで強気に

2015年9月26日(土)阪神9レース ききょうステークス

芝1400m(2歳:オープン特別)

05 ヒルトンヘッド
03 ウインムート
04 タンギモウジア
3着候補 06 マテラアリオン

暮れの朝日杯、来年のNHKマイルカップを睨んでスピード型の馬が集結。10頭の出走ながら粒ぞろいのメンバーになったと思います。土曜日の阪神競馬場は天気が持ちなおしそうですが、週中の雨の影響がやや残る可能性も。当日の馬場状態は要チェックですが、パワー型の馬を優先したいと思います。

スポンサーリンク

短距離2歳戦はスピードの絶対値でOK

本命はヒルトンヘッド。初戦はスピードの違いで新潟芝1400mを逃げ切り。時計、ラップともに特筆すべきものはなく水準レベルではありますが、馬体も大きく、叩いた上積みが見込めることは確か。先週、今週ともに坂路でラスト11秒台を出しているように馬力は相当なもので、雨の影響が少々残ってもものともせず駆けてくる可能性が大です。控えるレースもできそうですが、押し出されればハナに行ってもOK。この馬はすでにデビュー前から角田調教師が距離に限界があることを認めており、デムーロ騎手が乗ることもあって、無理に馬に逆らうような騎乗はしないでしょう。ここもスピードとパワーで押し切ると見て、強気に頭から攻めます。

次位にウインムート。評判のドラゴンシュバリエを下して新馬勝ちした札幌のレースはスピードが速く逃げましたが、逃げにこだわるタイプではなさそう。ピッチ走法でいかにも短距離が合っていて、100mとはいえ距離短縮はプラスとなりそうです。水曜日に坂路で52.0→37.3→24.4→12.1と尻上がりの時計を出せていることから、調教通りなら控える競馬も可能で、坂も苦にしなさそう。父ロージズインメイの代表産駒ドリームバレンチノはダートのJBCスプリントを制し、函館SSや時計のかかったシルクロードSを勝つなどタイムの遅い決着で能力を発揮。時計のかかる馬場になればさらに躍動する可能性は十分です。

面白いのがタンギモウジア。前走、雨が降って重馬場の小倉芝1200mで1分09秒3の時計はここでは優秀。初戦は同じく重馬場でエスティタートに敗れていますが、4戦のキャリアを積んで前進。今回は先着しても驚きません。

マテラアリオンは詰めが甘く、今回もそこそこのメンバーが揃っています。前をとらえきれず、後ろから差されて3〜4着に敗れる姿が想像できるので、馬券的妙味から3着までとしました。人気のエスティタートはまだ先がある馬。少し間隔を空けているのもあって、こういう時の武豊騎手は馬に競馬を教えることを優先します。力は認めても取りこぼす可能性が高いとみて、思い切って外しました。

【買い目】

単勝05 ・・・ 1000円

馬単05から一着流し 03,04 ・・・ 各300円

馬連05から流し 03,04 ・・・ 各200円

三連複 03,04,05 ・・・ 100円

三連単フォーメーション 05→03,04→03,04,06 ・・・各100円

《合計》2500円

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*