神戸新聞杯2015買い目公開!夏を越しての成長度を考える

2015年9月27日(日)阪神11レース 神戸新聞杯(G2)

芝2400m 3歳限定

09 トーセンバジル
05 リアルスティール
10 タガノエスプレッソ
04 レッドアルティスタ
02 レッドソロモン
06 リアファル

9月27日(日)菊花賞へ向けての最後の扉、神戸新聞杯が行われます。上位人気になりそうな2頭が軽度とはいえ骨折明け。春のクラシックを闘ったのがリアルスティールとタガノエスプレッソのみというやや寂しいメンバーですが、無敗馬も登場するなど面白いメンバー構成となりました。

スポンサーリンク

ディープ産駒をやや割り引き

本命はトーセンバジル。この秋からが正念場のハービンジャー産駒。ここまで人気先行型で微妙な結果ながらようやく人気を落としそうで、期待値の方が上回りました。京都新聞杯では最速の末脚を発揮してダービー2着サトノラーゼンも含めて際どい競馬。前走も最速の上がりを記録するも展開に泣き、アルバートドックに敗退。ティルナローグには2戦して2敗ながら着差はクビ。夏を越しての成長度への期待と、阪神の外回り2400mへの適性も含めてここを本命としました。この舞台であれば末脚は確実に発揮できそう。先週レッドライジェルでもったいない競馬になってしまった四位騎手ですが、今週は決めてくれるでしょう。

断然の実績でここは強さを証明しないといけないリアルスティールが対抗。しかし軽度とはいえ骨折明けは一抹の不安が残ります。先週のサトノラーゼンのこともあるように、春の実績がアテにならないのが秋初戦の競馬。馬券から外すことはできませんが、取りこぼすシーンも考えておく必要があります。

穴で期待したいのがタガノエスプレッソ。春のクラシックは惨敗でしたが、皐月賞では直線に向くところでドゥラメンテの斜行のあおりを食って急ブレーキ。ダービーでは大外枠から速い流れの中を先団に取り付つく厳しい競馬。デイリー杯勝ち馬で弥生賞3着なら実績は上位で、前2走も凡走の原因がはっきりしています。先週のセントライト記念を制したキタサンブラックと同じ、父ブラックタイド。あっと言わせるシーンも考えられます。

レッドアルティスタが力をつけています。近親にキングジョージ勝ち馬や愛オークス勝ち馬がいて、ここでもやれる底力があっておかしくありません。幸い内枠をゲットしたので、内目をロスなく回り直線も内を突いてうまく抜けてくれば連対圏突入は期待できます。松田博資調教師と川田騎手のコンビも心強いです。

7戦目で未勝利を勝ち上がり若葉ステークスを連勝したレッドソロモンも候補の一角。札幌で古馬混合1600万下を3着したのは成長の証。この馬も内枠を利して前目からスルスルと抜けてくる姿を想像できます。

あとは前走初芝で古馬1600万下を撃破したリアファル。芝、ダート抜きにして戦績を見れば十分上位。ここでも好勝負と考えるのが自然です。

【買い目】

単勝09 ・・・ 500円

馬単09から一着流し 02,04,05,06,10 ・・・ 各300円

馬連09から流し 02,04,05,06,10 ・・・ 各200円

三連単 09→05→10 ・・・ 100円

三連複09,10から軸二頭流し 02,04,05,06 ・・・ 各100円

《合計》 3500円

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*