セントライト記念2015登録馬チェック!サトノラーゼンに挑戦状を叩きつける馬とは?

クラシック最終戦、菊花賞に向けて有力馬が始動するセントライト記念。近年はナカヤマフェスタ、フェノーメノ、イスラボニータなど将来のチャンピオン級も参戦する、見逃せないレースとなっています。群雄割拠のこのレース、登録馬の中から有力、注目の馬をチェックしてみました。

スポンサーリンク

ダービー2着馬の秋初戦に注目が集まるが・・・

サトノラーゼン

東京競馬場の高速化の影響でしょうか、ダービー馬よりもむしろ出世する傾向のあるダービー2着馬。今年のドゥラメンテもそうですが、ダービーで激走すると足元を壊す馬が多いですね。10戦3勝ながら2着4回、3着3回とデビュー以来すべて馬券に絡んでおり、脚質的にも簡単には崩れないタイプ。初勝利まで5戦を要していることも、むしろこの馬がゆっくりと成長していく晩成タイプであることを示唆しているようです。ここでは主役をはれる力の持ち主であることは間違いないでしょう。

ブライトエンブレム

皐月賞4着のあと、裂蹄のためダービー回避でここへ。札幌2歳ステークス、弥生賞の内容から、やや時計がかかって追い込みの届きやすい今の中山は相性が良さそう。ダービーを使った他馬より休養が長いのがどう出るかですね。

ベルーフ

古馬相手の小倉記念で2着。上がりのかかる競馬で追い込んできており、京成杯勝ちがあるように中山コースも問題なし。現段階では期待ほど活躍できていないハービンジャー産駒ですが、この時期からの成長力が期待される血統でもあり、ここでどのような走りができるかが注目されます

キタサンブラック

こちらもスプリングステークス勝ち、皐月賞3着と中山コースを得意としている馬。この馬の場合は前目につけて立ち回りのうまさで好走するタイプなだけに、小回りの中山1800mや2000mでは一つ評価をあげることが可能です。ただ今回の2200mは外回り。4コーナーは急ですが3コーナーは緩やかで、差し馬がスピードに乗りやすいコース形態。加えて体型もマイラーに近い感じで、ここは取捨に迷う一頭。

ロッカフェスタ

2戦2勝。その2戦が東京と新潟とは言え、両レースとも33秒台の末脚で差しきっているように底が見えていない魅力があります。毛色も含めて父マンハッタンカフェに通じるところが多く、ここよりむしろ菊花賞で狙いたいタイプ。ただ権利を取らないと出走はかなわなさそうで、ここはしっかり勝負しに来ると思います。

その他には、春は2000m前後のレースで堅実にレベルアップし、ラジオNIKKEI賞2着からここへ参戦してきたミュゼゴースト。いかにも菊花賞向きの路線を歩んできた青葉賞2着のタンタアレグリア。毎日杯勝ち馬ミュゼエイリアンなども控え、ここに夏場条件戦からあがってきた馬が何頭か加わって、一筋縄ではいかなさそうなメンバー構成です。

サトノラーゼンは盤石?

夏の上がり馬にもそれほどインパクトのある馬はおらず、現時点ではサトノラーゼンの力上位が濃厚かと感じています。立ち回りもうまいので崩れる心配はあまりないように思います。

逆らうわけではないですが、上がり馬を狙うならロッカフェスタか。本来ならここでオープンの流れを経験してから菊花賞で狙いたい馬。とはいえ権利をとらないことには出走すら叶わなさそうな状況なので、しっかり権利は確保してほしいところです。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*