神戸新聞杯2015登録馬チェック|リアルスティールの秋初戦突破に不安?

9月27日(日)は菊花賞に向けて注目のトライアル、神戸新聞杯(G2)が阪神芝2400mで行われます。注目はなんといっても皐月賞2着、ダービー4着のリアルスティール。ドゥラメンテ不在の3歳戦線では主役を張るべき存在として秋初戦を迎えます。夏の上がり馬がそれを阻むのか?注目馬をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

春敗れた面々もメキメキと成長

リアルスティール

皐月賞、ダービーともにドゥラメンテに次ぐ二番人気に支持され、共同通信杯ではそのドゥラメンテを実際に破っているリアルスティール。ダービー後は骨折が見つかりましたが、幸い軽いものでここでの復帰が叶いました。ダービーではやや消極的に出てしまい後方からの競馬。4角10番手のダービーポジションで回るも伸び切れず、サトノクラウンに切れ負けたのは脚が痛かったのかもしれませんが、本来は競馬が上手で好位から脚を伸ばせるタイプ。実績は断然で負けられない一戦ではありますが、軽度とはいえ骨折明けはやはり心配。痛みが完全に治まっている保証はなく、セントライト記念のダービー2着馬サトノラーゼンも負けた今、それなりに割り引いて考えても良いかもしれません。

アルバートドック

京都新聞杯で前出のダービー2着馬サトノラーゼンと僅差の3着。ダービー出走は叶いませんでしたが、白百合ステークスで鋭い脚を見せて勝ったあと秋に向けて備えてきました。先週のセントライト記念で好走したミュゼエイリアンとも毎日杯で際どい勝負に持ち込んでおり、母ゴールデンドックエーや伯父Unusual SuspectはアメリカG1馬と底力に溢れる血統。そこに父ディープインパクトであれば、この秋の飛躍も十分に考えられます。ここでいい結果を出して、菊花賞の主役に名乗りを挙げても不思議はありません。

レッドソロモン

父メイショウサムソン、母父サンデーサイレンスは長丁場でこその血統。春の若葉ステークスを勝利しながら骨膜で皐月賞、ダービー出走はできませんでした。しっかり治療を受けたあと札幌での1600万下復帰戦は積極的なレース運びで3着。成長分と余裕残しで+16kgは程よい感じで、春に無理せず成長を促したのが功を奏したようです。今回は叩き2戦目で菊花賞への出走権がかかる一戦。初勝利までに7戦を要しているように奥手で、一気に頂点へ駆け上がる可能性も秘めています。

ティルナノーグ

春は後方からの競馬で一線級に及ばない競馬が続きましたが、前走新潟の1000万下で先手を取る積極的な競馬をして勝利。その前走は前半3ハロンが37.4秒と超がつくスローペースだっただけにあまりアテにはできませんが、新味を見せているだけに引き続き好走の可能性はあります。

トーセンバジル

2歳時に2勝をあげるもトライアルで失敗。クラシック路線に乗りきれず、秋に飛躍を誓う一頭です。休養前の白百合ステークスでは敗れていますが上がりは最速の32.7秒。勝ったアルバートドックから0.3秒しか負けておらず、力負けではありません。その前の京都新聞杯(4着)でも最速の脚を見せており末脚のキレは世代屈指です。この秋以降に真価が問われるハービンジャー産駒で、成長が期待されます。

リアルスティールVS包囲網の様相

実績ではリアルスティールに敵う馬はここにはまったくおらず、順当であればリアルスティールが力を示すレースになりそうですが、そう簡単ではないのが競馬。もし骨折の影響が少しでも残っていれば伏兵に足元をすくわれることは十分に考えられます。個人的には最後に挙げたトーセンバジルに魅力を感じているのですが、果たしてどうでしょうか。他にも2戦2勝のキロハナや、古馬混合の条件戦を勝ってきた馬も複数います。馬柱だけで予想することは難しく、今後の調教情報やパドックまで注視する必要がありそうです。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*