オールカマー2015登録馬チェック|混戦のG2を断つ馬は?!

9月27日(日)の中山はG2オールカマーが芝2200mで行われます。今年は秋の中距離G1を狙う馬が牡牝問わず出走予定で、難解な一戦となりそう。エリザベス女王杯を狙うヌーヴォレコルトやフサイチパンドラの牝馬勢か?ロゴタイプやマイネル勢も虎視眈々。登録馬をチェックしましょう。

スポンサーリンク

各馬一長一短・・・馬場適性がカギになるか?

ヌーヴォレコルト

春の中山記念で優勝後、ヴィクトリアマイル6着、宝塚記念5着とG1でも堅実に駆けている昨年のオークス馬。12戦して(5,3,1,3)と自在性が高く崩れないのが強みで、休み明けも牡馬混合も中山記念で克服済み。牝馬ながら実績では最有力。仕上がりに注意して問題なさそうであれば、ここでも主役を張れるでしょう。

ショウナンパンドラ

こちらも牝馬で昨年の秋華賞馬。休養前は宝塚記念3着と好走しており、実績では引けをとりません。ただこちらは気分屋なのか、好走の条件がはっきりしないタイプ。超高速馬場の秋華賞で優勝したかと思いきやその後凡走を繰り返し、今度は時計の掛かった宝塚記念で好走。能力的には足りているだけに、当日の気配をしっかりチェックしたいところです。

マリアライト

もう一頭牝馬から。春に二連勝後、重賞初挑戦のマーメイドSで1番人気2着。11戦して(4,1,4,2)と底が割れておらず楽しみな一頭です。遅い時期のデビューながら強力な末脚を武器に着実に実力をつけており、この秋の飛躍に期待。今回は牡馬も混合のG2で楽ではありませんが、G1を狙うなら前出2頭への挑戦状を叩きつけるようなレースが必要。それができそうな期待はあります。

ロゴタイプ

皐月賞、朝日杯FS(当時は中山で開催)を勝っている、誰もが知る中山巧者のロゴタイプ。今年に入ってからも中山金杯、中山記念をともに2着好走しており、中山では馬が違います。しかしその皐月賞以来勝ち星からは遠ざかっており、勝ち切るにはもう一押しが必要。スピードはあるもののどうしても最後に甘くなり、何かに差されるというのがこの馬のパターン。頭からは買いにくいというのが正直なところです。

ミトラ

昨冬に素質が開花し、福島記念制覇から年明けのAJCCで2着。同コースで強い相手に2着しているのは強調材料です。春は全休しましたが鉄砲は効くタイプで、ここでも注目が必要でしょう。

大混戦の中山2200m。荒れる可能性も。。

この他にも休み明けながら実績上位のサトノノブレス、除外対象も出てきたら面白い菊花賞3着馬ゴールドアクター、ハマれば末強力なマジェスティハーツ、ローカル戦で輝いてきたマイネルミラノ、シンガポール善戦のマイネルフロストなど、取捨選択に困るラインナップ。各馬の好走条件と今週の中山馬場状態、そしてその適正を見抜くことが的中への近道となりそうで、難解ながら予想しがいのあるレースです。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*