りんどう賞2015登録馬チェック!メジェルダ、ジープルメリアなど

10月11日(日)京都9レースに組まれている2歳牝馬限定の500万下、芝1400mのレース、りんどう賞。12月の阪神JF、来年のクラシックを目指す若い牝馬が激突します。今回は絶対的な馬がおらず、難解なレース。有力登録馬をチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

信頼馬不在、混戦を断つのは?

メジェルダ

前走、函館2歳ステークスでは2番人気に推されるも、直線失速して7着。初戦に敗れたブランボヌールに雪辱はなりませんでした。2戦目の函館1200m戦では1分10秒2の好タイムで3馬身差逃げ切り。前走はやや重の馬場が堪えた印象もあり、良馬場での巻き返しが期待されます。

ウインミレーユ

初戦、新潟のマイル戦を4馬身差で圧勝。前走の新潟2歳ステークスは4番人気に推されましたが、水分を含んだ馬場でブービーの17着に敗れました。ステイゴールド産駒特有の気難しさが出た印象もあり、今回は精神的な部分がカギ。走力に関しては前走は度外視できるもので、良馬場で落ち着いて走れれば巻き返しがあります。

タガノヴィアーレ

初戦勝ちから一息いれた前走、野路菊ステークスで4着。牡馬一線級の1,2着馬には離されましたが見せ場を作っており、一気の距離延長にも対応し力を示しました。再度の距離短縮は歓迎。休み明け2戦目、今回のメンバーであれば最有力の一頭です。

ジープルメリア

8月の新馬戦で初戦勝ち。札幌の1500mを1分30秒5は時計的にも優秀で、2着に負かしたキャンディバローズも折り返しの未勝利を順当勝ちしており、ここは期待できます。初戦は減量騎手での勝利。今回は特別戦で減量がきかないのでその辺りがやや心配ですが、2戦目で前進があれば争覇圏です。

オフクヒメ

前走、小倉2歳ステークスは先手を取りましたが失速して7着。初戦から3戦続けて1200mを使われていますがしっかりと時計は詰めており、相手が弱化されるここは前進が期待されます。行きっぷりが良いので200mの距離延長がどう出るかがポイントになりそうです。

コパノミライ

中央初挑戦となった前走クローバー賞で9着。勝ち馬から0.9秒差と少し離されましたが時計的には悲観する内容ではなく、流れに乗れれば一発があってもおかしくありません。

能力拮抗!当日気配をしっかりチェック

2戦目で勝ち上がったスノードリーム、小倉2歳ステークス9着から巻き返しを狙うブンブンブラウなども賞金加算を狙っており、伏兵も多数。この時期の2歳牝馬、当日気配をしっかりチェックしてから馬券を購入するのが吉です。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*