府中牝馬S2015登録馬チェック!レッドリヴェール、スマートレイアーなど

10月17日(土)東京芝1800mの牝馬限定G2、府中牝馬ステークスが行われます。エリザベス女王杯での載冠を狙う古馬牝馬がステップとしてここに集結。権利取りのためにも激しい戦いは必至です。有力な登録馬をチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

魅力的なメンバー構成

レッドリヴェール

昨年の桜花賞2着馬が昨秋以降不審に陥っていましたが、春にヴィクトリアマイルで4着、夏の札幌クイーンSで2着と調子を上げて参戦します。前走は完全に勝ちパターンに入ったところでメイショウスザンナの末脚に屈しましたが能力の高さは見せつけました。現状のベストはマイル~1800mぐらい。今開催の東京は札幌からの転戦組が好成績を収めており、ここも注目です。

スマートレイアー

後方からの競馬で結果を残してきた馬ですが、前走の米子ステークスでは出遅れから好位につけて末を伸ばす競馬で快勝。新しい面を見せることに成功しました。展開によって先行~追い込みまでどの脚質でもこれる今の東京競馬場で、自在性を身につけたことは大きなプラス。6月以来の実戦にはなりますが、昨年もこのレースを1番人気で2着しており有力馬の一頭には違いありません。

スイートサルサ

東京競馬場で3勝をマーク。このレースは一昨年に3着しておりコース相性は抜群です。今年に入ってから重賞制覇しているように今が充実期。休み明け2戦目の今回、前走の敗戦で人気が落ちるようなら狙い目になります。

ケイアイエレガント

ヴィクトリアマイルを12番人気2着して波乱の立役者となりましたが、次走の安田記念でも小差の5着に踏ん張っており、実力の高さを証明しました。ベストはマイルながらも1ハロンの延長は問題なく、このメンバーなら押し切れるだけの力があります。休み明けがどうかだけ。仕上がりに注目です。

メイショウマンボ

G1を3勝もしているメイショウマンボですが、昨年のヴィクトリアマイル以降は全く良いところがありません。能力的に衰えたというよりはレースをやめてしまうような感じ。精神的な立て直しがうまくいっていないようです。もし復活があればその後も楽しみにはなりますが、果たしてどうでしょうか。

シャトーブランシュ

6月のマーメイドステークスで重賞初制覇後、ここに備えてきました。ここのところ末脚に磨きがかかっており、前走は直線でごぼう抜き。東京1800mがマイナスになるとは思えず、ここも面白いです。

伏兵多数

その他にも着実に力をつけてきているカフェブリリアント、牝馬同士なら実力上位のイリュミナンス、準オープンを勝って勢いに乗るリメインサイレント、大穴メーカーのミナレットなど伏兵が多数出走予定。例によって難しいレースとなりそうです。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*