もみじS2015登録馬チェック!バシレウスライオン、レッドカーペットなど

10月18日(日)京都9レースに組まれている2歳オープン戦、もみじステークス。芝1400mの一戦でスピード自慢の若駒が激突します。朝日杯や来年のNHKマイルカップを目標にする粒ぞろいのメンバー構成。有力登録馬をチェックしていきます!

スポンサーリンク

1400mという距離をどう見るか

バシレウスライオン

前走、阪神1200mの新馬戦を解消しての参戦。中団から直線で楽々と抜け出した脚はここでも通用しそうです。1ハロンの距離延長がどうかですが、前走を見る限りではこの距離までなら十分にこなせそうな気配。今後を占う意味でもここでどのような競馬を見せるか、要注目です。

レッドカーペット

小倉2歳ステークスを2番人気で4着。シュウジには歯が立ちませんでしたが、中京の未勝利戦を勝って一息入れた馬体はプラス10キロ。1戦して上積みが見込める今回は勝ち負けに持ち込めそうです。

アンシエルワープ

バシレウスライオンが勝った新馬戦と同日の未勝利戦を快勝。稍重の馬場ながら同日の2歳オープン戦、ききょうステークスの勝ちタイムと同タイムで駆け抜けており、計算上はこのクラスでも十分に通用するはずです。今回は平坦の京都変わりがどう出るかがポイントとなりそうです。

ウインムート

ききょうステークスで3番人気ながら7着に敗れ、ここへ備えてきました。前走は調教をセーブしたのかプラス8キロとなったのもありますが、控える競馬で平凡な敗戦。初戦は逃げて押し切っており、現状は前に行く手が合っているかもしれません。

若駒だけに一変に注意

前走、上昇の兆しを見せたカネノイロ。距離延長でも差のない競馬を見せたメイショウスイズキあたりも再度の距離短縮で狙い目か。良い意味でも悪い意味でも、この時期の若駒は一変があります。古馬ではそう簡単ではありませんが、2歳のこの時期であれば調教を注意して見るだけでも穴馬券を取れる可能性はグッと高まります。前走大敗の馬であっても調教一変の馬は押さえておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*