紫菊賞2015登録馬チェック!シルバーステート、パールフューチャーなど

10月17日(土)京都9レースには芝2000mの2歳500万戦、紫菊賞が組まれています。クラシックに直結する距離だけに来年の春を目指す若駒たちが集結。賞金加算を狙います。有力な登録馬をチェックしていきます!

スポンサーリンク

絶対的な信頼馬は不在

シルバーステート

7月の中京味勝利戦で5馬身差の圧勝を演じた後、ここまで待機してきました。初戦は超スローペースの中勝ち馬の末脚に屈しましたが、前走は大幅に時計を詰めて楽勝。追われるところもほとんどなく、力の違いを見せつけました。底力自慢のディープインパクト産駒。距離延長は問題なさそうですが、あまりスローペースにならない方がこの馬にとっては良さそうです。

パールフューチャー

小倉の1800m新馬戦を快勝。メイショウナルトの弟にふさわしいデビューを飾っています。時計的には平凡には映りますが、馬自身は余力を持った形で完勝しておりまだまだ時計は詰められそう。自分でレースを作ることもできそうなので、楽勝があっても驚けません。

ラハトケレブ

徐々に距離を伸ばしながら使われ、前走は2000mで快勝。直線で馬の間を割って突き抜けた内容は強いもので、レースに行って良い根性があります。京都の芝2000mも条件的には合っていそうなだけに、争覇権です。

アグネスヒーロー

前走、野路菊ステークスは勝負どころで捲って行きましたが直線は失速。仕掛けが早かったようにも見えましたが、距離も少し長かったか。今回はさらに距離延長となり厳しいレースが待っていますが、数多の名馬を輩出しているアグネスレディー4×4という血統構成が魅力。落ち着いて走れれば一発があってもおかしくありません。

小頭数、シルバーステートが中心?

コスモス賞からの転戦となるグローリーミスト、札幌2000mを勝ってきたジョルジュサンク、ダートながら強いデビュー勝ちをしたマイネルアトゥー、地方から参戦予定のシャイニーネーム。これで登録全8頭。勝ち鞍の内容てきにはやはりシルバーステートが一歩リードにも見えますが、この頭数ではスローペースは必至。適正に勝る伏兵にも用心しておいた方が良さそうです。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*