秋華賞2015登録馬チェック!京都内回りのイメージに騙されてはいけない

10月18日(日)京都では秋の3歳女王決定戦、秋華賞(G1)が行われます。京都2000mという紛れの生じやすいコース。前哨戦の紫苑ステークス、ローズステークスとはまた違った切り口が必要になる、、という文章をアチコチで見ますが果たして?その辺りも踏まえて有力登録馬をチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

末に賭けるか、器用さに賭けるか

タッチングスピーチ

札幌の500万下を後方一気で突き抜けた勢いをそのままに、前哨戦のローズステークスまでも直線でごぼう抜きしてしまったタッチングスピーチ。差しの決まりやすいコース、馬場だったとはいえ、その末脚は凄みを感じさせるもので、決してハマっただけではありません。かなり成長していると考えた方が良いでしょう。アチラコチラで京都の内回りコースでを不安視されていますが、好位で立ち回れる馬とて紛れの犠牲になることがあるこのコース。大幅に割り引く必要はないでしょう。

ミッキークイーン

前走ローズステークスはタッチングスピーチに敗れたものの、こちらは休み明け。さらに上がりはタッチングスピーチよりも速いタイムで駆け抜けており、ポジションと仕掛けどころの差だけ負けた印象です。とはいえポジション取りが悪くなったのはこの馬のウィークポイントである出遅れグセのおかげ。今回、G1の舞台でさらに京都内回りコース。出遅れは致命的になる可能性が高く、絶対能力ではナンバーワンだとしても本命にはしづらいというのが正直なところです。

トーセンビクトリー

夏場も順調に使われつつ、前哨戦のローズステークスで3着に入り権利を確保。上記2頭よりは前目でレース運びができることから今回の舞台は有利と言われますが、前走のゴール前では母トゥザヴィクトリーそっくりの詰めの甘さを見せています。能力的にもう一段階上を見せて欲しいというのが正直なところですが、平坦コースでその甘さをカバーできれば面白いと思います。

クインズミラーグロ

前走の紫苑ステークスを差しきって権利取り。紫苑ステークス経由の馬は昨年のショウナンパンドラ(新潟開催の紫苑ステークス)ぐらいしか本番で好走していないこともあり今回もあまり人気しなさそうですが、戦績からも傑出馬不在の今年は通用してもおかしくありません。この馬もスタートがあまり上手くないのがネックですが、オッズ次第では厚く狙っても良いかもしれません。

ホワイトエレガンス

紫苑ステークス2着で権利を取って参戦。夏の古馬混合1000万下を勝ってきた、秋華賞の定番穴馬です。前々で運べて崩れないのはセールスポイントで、紫苑ステークスもロスのある競馬、決して向いたと言えない展開で2着。スムーズに運べればかなり期待できます。

レッツゴードンキ

今年の桜花賞馬は復帰戦のローズステークスで4着。上位3頭が後方からの競馬を選択する中、前に行って残ったこの馬の強さは評価されてしかるべきで、コース替わりが有利になると言われています。ただし、平坦内回りは確かに有利かもしれませんが、単純に200mの延長はプラスとは言えないというのがリアルな感想。人気であれば少し買いづらいというのが本音です。

クイーンズリング

出遅れが定番だったこの馬が、前走のローズステークスではまともにゲートを出て先行策。直線では後方の馬に差されましたが、なんとか5着に踏ん張りました。この馬もレッツゴードンキと同じく距離延長はあまり歓迎ではありませんが、前走で新しい面を見せたのは収穫。勝ちきるまではどうかですが、チャンスの大きさは他馬とさほど変わらないんじゃないかと思います。

イメージに惑わされると・・・

末自慢の1勝馬アンドリエッテ、オークス以来のぶっつけで挑むキャットコイン、ココロノアイ。デキが戻れば侮れないシングウィズジョイ、ディープジュエリー、成長著しいマキシムドパリ。。。力関係はほとんど差がなく、当日のデキと展開によって勝負が決まるでしょう。

京都内回りのイメージから器用に立ち回れる=ある程度先行できる馬が人気を上げてきそうですが、G1でこの舞台、かなりのハイペースになることも多いレースで、後方から外を回ったからと言って勝ち負けできないと決めてかかるのは危険です。

先行馬が実力よりも評価されるようなことがあるなら、末の強力な差し馬を積極的に狙いたいというのが現時点での見解です。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*