萩ステークス2015登録馬チェック!大注目スマートオーディン、ブラックスピネルなど

10月31日(土)京都芝1800mで行われる2歳オープン戦、萩ステークス。過去にはダービー馬ワンアンドオンリーも輩出したクラシック注目の一戦に、今年も大物候補が登録してきました。新馬戦で圧巻の走りを見せたスマートオーディン、強い競馬を続けるブラックスピネル、札幌2歳S2着のプロフェット。どんなレースになるか、登録馬をチェックしていきます!

スポンサーリンク

人気3頭は強そう

スマートオーディン

前走、阪神芝1800mで衝撃の末脚を見せて快勝。直線でレヴィンインパクトが突き放した時に見せた加速は圧巻で、それでも余裕のある走りっぷりは大物感を十分に感じさせるものでした。そのレヴィンインパクトは次の未勝利戦を快勝。スローペースの新馬戦だっただけに勝ち時計の1分51秒1は平凡でしたが、レースレベルが決して低くなかったことは証明されています。少頭数ながら実力馬が集まったこのレースで非凡な勝ち方をするようであれば、G1でも期待が一気に膨らみます。

ブラックスピネル

新馬戦を快勝後、野路菊ステークスでは先行馬が有利と言えない流れの中ロスカボスの2着。前走は勝ち馬の決め手に屈したものの3着馬には差をつけており、その3着ユウチェンジが先日のアイビーステークスで小差2着したことからも、ブラックスピネルの能力の高さが伺い知れます。1週前追い切りでは菊花賞3着のリアファルとあわせ、手応えで上回りました。総合力はかなり高く、ゆるい競馬しか経験のないスマートオーディンを一蹴する可能性もあります。

プロフェット

札幌2歳ステークスを1番人気で2着。まだまだ底は割れておらず、ここにぶつけてきました。スマートオーディンやブラックスピネルとどのような競馬をするのか、クラシック御用達の池江厩舎だけに、現時点での力関係を確認しにきたという感じもあります。先週京都で勝ちまくったハービンジャー産駒。意外と高速馬場にも対応できることが確認されており、この馬にも期待がかかります。

ジープルメリアはアルテミスステークスと両睨み。リアルキング、レインボーラインの浅見厩舎2頭は日曜福島のきんもくせい特別とダブル登録しているので、使い分けが濃厚です。もう一頭はノーブルマーズ。逃げて結果を出しただけに今回も先手はこの馬かと思いますが、5頭の競馬となる可能性が高くほぼスローペースは確定。差を広げて直線に入れば、実力馬に割って入る可能性も一考の余地があります。

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*