スプリングステークス2017登録馬徹底診断!サトノアレスを負かすのはこの馬!

2017年3月19日(日)に中山競馬場で行われるスプリングステークス。皐月賞へ向けての重要な一戦に、2歳王者サトノアレスが登場します。果たしてサトノアレスが今季初戦を突破するのか?はたまた新たなスターが登場するのか?登録馬を徹底チェックしたいと思います。

スポンサーリンク

スピードとスタミナ、器用さも求められる出世レース

サトノアレス

デビューから2戦は取りこぼしたものの、そこから三連勝でG1朝日杯フューチュリティステークスを制覇し2歳王者に輝いたサトノアレス。全兄であるサトノフェラーリ、サトノヒーローともに短距離~マイルで結果を残してきた血統だけに、マイルG1である朝日杯制覇は納得の結果でした。その朝日杯は出遅れのスタートから後方を追走し、直線でモンドキャンノとともに一気に突き抜けてきました。レースレベル的ににはそれほど高いとは言いづらいレースで、コースもディープの庭ともいえる阪神マイル。小回りの中山1800mでどのような競馬ができるかがポイントとなりそう。実績からは最右翼ですが、人気が集中するようだとあまり信頼できるとは言えない、と考えています。

トリコロールブルー

昨年夏の中京2000mでデビュー勝ち。その後も間隔を明けながら2000m戦を使われ、先月東京2000mのフリージア賞で2勝目をあげました。好位から息の長い末脚を繰り出せるのが武器で、直線の長いコースが向いていそうな感じ。この馬も中山コースにどのように対応するのかがポイントとなりそうです。

アウトライアーズ

4戦2勝の戦績ですが、2勝ともに中山コースであげているのがアウトライアーズです。一瞬の切れ味は中山コースにピッタリの印象で、1800m前後の距離はヴィクトワールピサ産駒の得意とするところ。レース適性は高そうだけに、注目です。

モンドキャンノ

朝日杯2着も含めて重賞で3連対の実績はこの中でもトップクラス。早熟、短距離傾向の馬が多いキンシャサノキセキ産駒で、明け3歳、距離1800mでどこまでやれるか、試金石となります。クラシック路線では躓き始める産駒が多いですが、完成度はトップクラス。皐月賞よりもNHKマイルに向かう可能性は高そうですが、ここでどのような競馬を見せるのかは大注目です。

プラチナヴォイス

未勝利脱出に3戦を要しましたが、初勝利をあげた未勝利戦(1800m)では1分45秒9の時計で圧勝。ポテンシャルの高さを見せつけると、オープンの萩ステークスではヴァナヘイムを下して優勝。勢いにのって挑んだラジオNIKKEI杯、きさらぎ賞では気の悪さを見せて敗退しましたが、能力はかなり高いものをもっています。ここで立て直せばクラシックでも期待できそう。個人的には一番楽しみにしている馬です。

その他にも共同通信杯2着でポテンシャルを示したエトルディーニュや、重賞勝ちアルーリングボイスを母に持つオールザゴーなど、楽しみのある馬が出走を予定しています。皐月賞への出走権を手にするのは果たしてどの馬なのか?注目です!

スポンサーリンク
ブログ村参加してます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*